アトピーと食事

ヨーグルトでアトピーが悪化する?効果は乳酸菌にあり

「ヨーグルトはアトピーを改善する」と聞いたことがあるかもしれません。

確かに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を改善するため、ヨーグルトを食べればアトピー改善につながりそうです。しかし、ヨーグルトを食べて悪化したケースも耳にしたことはありませんか?

一体どちらが正しいのでしょうか? ここでは、アトピーに対するヨーグルトの効果と悪化原因をお伝えします。

ヨーグルトがアトピー改善に効果があるという臨床結果

ここで、フジッコのカスピ海ヨーグルトに関しての臨床結果をご紹介します。

この実験では、フジッコのカスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌クレモリス菌FC株が、皮膚の炎症を抑制したり、皮膚が厚くなるのを防いだり、血中のIgEというアレルゲンに対する反応値の上昇を抑制したりすることがわかりました。

「カスピ海ヨーグ ルト」の最大の特徴は強い粘りで、この粘りは乳酸菌クレモリス菌FC株が産生する菌体外多糖(EPS:Exopolysaccharide)に由来します。 当社は、これまでに粘り成分EPSが皮膚の炎症を抑制することを報告しています。

(途中省略)変異株で作成したヨーグルトをアトピー性皮膚炎モデルマウスに投与したところ、皮膚の肥厚化や血中IgEの上昇が抑制されることが分かりました。このことから、乳酸菌クレモリス菌 FC 株で作製したヨーグルトには、粘り成分EPS以外にも菌体成分などの抗炎症性成分が存在することが示されました。

引用元:「カスピ海ヨーグルト」の乳酸菌がアトピー性皮膚炎を改善

このように、ヨーグルトは実際にIgE値を下げる効果があることが臨床結果でわかりました。しかし、すべてのヨーグルトに効果があるわけではありません。そのため、ヨーグルトを食べてアトピーを改善したい場合は、アトピーやアレルギーに効果がある乳酸菌クレモリス菌FC株などを含むヨーグルトを選ぶ必要があります。

ヨーグルトでアトピーが悪化する理由とは?

アトピー改善に効果的な乳酸菌を含むヨーグルトを食べるとアトピーが改善される、ということが臨床結果からわかりました。しかし、ヨーグルトを食べるとアトピーが悪化するというケースも多くあります。

「ヨーグルトを摂取してアトピーが悪化する理由」として考えられる4つの悪化原因をそれぞれ見ていきましょう。

ヨーグルトに含まれる乳脂肪分が、アトピー悪化の原因になる可能性がある

ヨーグルトには乳脂肪が含まれます。そして乳脂肪には、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが多量に含まれています。それによって、アレルギーに反応するIgE抗体を産生するTh2細胞が増え、アトピー症状を悪化させます。

ヨーグルトは牛乳を原料として作られ、乳酸発酵させてできるため乳糖を含みます。しかし、多くのアジア人は遺伝的に乳糖不耐症であるといわれます。乳糖不耐症の人がヨーグルトを食べると、腸は乳糖を十分に消化できず、乳糖が腸管にたまります。すると腸内環境が悪化し、アトピー症状が発生する可能性が高まるのです。

腸内環境とアトピーの関係はこちらをクリックしてください

ヨーグルトに含まれるカゼインが原因

ヨーグルトには、カゼインというタンパク質が含まれます。カゼインとは. 牛乳や母乳などに含まれるたんぱく質のことです。乳汁中のたんぱく質は「カゼイン」「乳清たんぱく質(ホエイ)」に分けられます。 ホエイとは、ヨーグルトを開けた時に上の方に溜まっている液体である、あの透明の上澄み成分のことです。

ヨーグルトに含まれるカゼインは、分解されにくく腸に炎症を引き起こす原因となります。腸に炎症が起こると、栄養を吸収する腸壁が大きくなります。そして本来は取り込まれない、未消化のたんぱく質までもが腸壁から取り込まれます。その腸壁から取り込まれた、未消化のたんぱく質が血流に乗って全身にいきわたることで、肌の炎症が起こったり、アレルギーが起こったりするのです。

ビオチンの減少が原因

ヨーグルトに含まれる乳酸菌で注意すべきは、生きたフェカリス菌です。生きたフェカリス菌は、皮膚や粘膜の維持にとって必要なビタミンであるビオチンを食べてしまうからです。体内のビオチンが減少するとアトピー悪化の原因になります。

しかし、生きたフェカリス菌を摂取しても少量であれば大丈夫です。また、菌が死滅していれば問題はありません。

ヨーグルトの摂取で身体が冷えることが原因

腸には細菌やウイルス、アレルゲンなどから身体を守ってくれる免疫細胞が、約6~7割集中していると言われます。しかし腸などの内臓が冷えると、体の中に侵入してきたウィルスや細菌などから命を守ってくれる免疫細胞が正常に働かなくなります。体や内臓が冷えると血流が悪化するからです。

血流が悪化すると、必要なエネルギーを体の隅々に届けたり、老廃物や毒素を尿や便で体外へ出すための代謝が滞ったりします。そのため、体は毒素を肌からも外へ出そうとしてアトピーが出たり悪化してしまうのです。

【結論】アトピー改善にヨーグルトはYES? or NO?

では、結局アトピー改善のためにはヨーグルトを摂った方がいいのか? 摂らない方がいいのか? ですが、ヨーグルトを食べるのではなく、乳酸菌を摂取することがオススメです。ヨーグルトがアトピー改善に効くのではなく、ヨーグルトに含まれる乳酸菌のみがアトピーに効果的に働くからです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌以外の成分は、アトピーを悪化させる原因になる可能性があります。そのため、アトピーを改善するにはヨーグルトを食べるよりも、乳酸菌だけが効率よく摂れる乳酸菌サプリメントがオススメです。

乳酸菌がアトピー改善に効果的な理由

ヨーグルトには腸内環境を整える乳酸菌が含まれますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌以外の成分は、アトピーを悪化させる原因になる可能性があるとお伝えしました。そのためヨーグルトを食べるよりも、腸内環境を改善し、アトピーを改善させる乳酸菌だけを効率よくとったほうがいいともお伝えしました。

乳酸菌はアトピー改善に効果的といわれますが、どうアトピー改善に効果的に働いてくれるのでしょうか。次に、乳酸菌がアトピー改善に効果的といわれる3つの理由をお伝えします。

整腸作用

乳酸菌がアトピー改善に効果的なのは、乳酸菌が腸内にある善玉菌を増やし、アトピー改善に大きく関わる腸内環境を整えてくれるからです。

腸内環境は、善玉菌2、優勢な方に味方する日和見菌7、悪玉菌1のバランスが理想的です。しかし、過度な除菌、肉が多く食物繊維が少ない食生活などでは、悪玉菌が優勢になってしまいます。そのような日常生活でバランスが崩れた腸内菌を整えてくれるのが乳酸菌なのです。

また、腸が便を移動させる、ぜん動運動をサポートし、老廃物が溜まらないよう促します。老廃物を体外へスムーズに排出して、腸内環境を整える働きもしてくれるのです。

免疫機能のバランス調整作用

免疫機能とは、身体の外から入ってくる細菌やウイルスなどを排除する働きです。

ただアトピーの人の場合は、この免疫機能が過剰に反応し、自らの細胞を攻撃してしまうことで起こります。特に悪さをしない細菌やウイルスにも反応しすぎてしまい、その過剰反応が自らの組織を傷つけてしまうのです。花粉症や鼻炎などのアレルギー反応も同じ理由で起こります。乳酸菌はこの免疫機能の過剰反応を抑え、免疫機能の働きのバランスを整えてくれます。

「第2の脳」作用

「腸は第2の脳」ともいわれます。乳酸菌で腸内環境を整えることで、心と身体の状態を良好に保てると言われます。前述したように、腸で幸せホルモンと呼ばれるセロトニンがつくられます。腸の状態が整うことでセロトニンがしっかり分泌されれば、ストレスや不眠症、うつ病などの症状緩和が期待できます。

以下、過敏性腸症候群を例にした、脳と腸の相関関係に関しての文献の一部を引用します。

個々のIBS(過敏性腸症候群)患者は,不安障害、うつ病性障害を伴うことが少なくない。また,集団として見たIBS患者の不安,抑うつ尺度はいずれも健常者よりも上昇している。このようなIBSと不安・抑うつの関係には,4つの可能性がある。 ① IBSと不安・抑うつは偶然に合併する。 ②中枢反応を増幅させることにより,脳から腸に向かう信号を増強させる要因が不安・抑うつである。 ③腸から脳に向かう信号の増大によって中枢で生じる反応の結果の一つが不安・抑うつである。 ④ IBSと不安・抑うつは双方向の関係にある。 最も妥当であると考えられるのは④であり、概念的に脳腸相関(brain-gut interactions)の典型的な現象である。その成立の過程には増強した内臓感覚が存在すると考えられる。

脳腸相関とストレス 福土 審 東北大学大学院医学系研究科行動医学 東北大学病院心療内科

まとめ

ここまで、ヨーグルトがアトピーにどう影響するのかをお伝えしました。

【ヨーグルトでアトピーが悪化するケース】

  • 乳脂肪の取りすぎで腸管が詰まり、腸内環境が悪化する
  • たんぱく質(カゼイン)が腸壁をこわす
  • 腸が冷えることで腸内の悪玉菌が増える

ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取することで、腸内環境が改善してアトピーが良くなることもあります。しかし、前述したように、ヨーグルトに含まれる乳酸菌以外の成分が腸内環境を悪化させることがあります。

ヨーグルトを摂取することでアトピーが良くなるのは、乳酸菌のおかげです。

【乳酸菌のアトピーへの効果】

  • 整腸作用
  • 免疫機能のバランス調整作用
  • 「弟2の脳」作用

乳酸菌が腸内環境を整えてくれることにより、アトピーが改善します。そのため、アトピーが悪化するリスクを負ってヨーグルトを食べ続けるよりも、乳酸菌だけを摂ったほうがアトピー改善には効果的なのです。自分のアトピー症状にあった乳酸菌サプリメントを選んで、腸内環境を整えてアトピーを改善していきましょう。

【LINE@登録で、毎月20名様へ集客動画+電子書籍をプレゼント中】

【引き寄せの法則+みんなが知らないお金の仕組み】
2冊の電子書籍+秘密特典を無料でプレゼント!