アトピーと生活習慣

アトピーの落せつを改善し、皮膚カスを落とす洗剤・洗濯方法とは?

アトピーの方は肌が敏感なため、洗たくに市販の合成洗たく洗剤を使用するとアトピーが悪化することがあります。合成洗剤には、水と油を混ぜ合わせやすくするための合成界面活性剤が含まれているからです。

また商品によっては、洗たく物を白く仕上げるための蛍光漂白剤や酵素といった化学薬品も含まれています。これらの化学薬品がアトピー肌には刺激となり、アトピー悪化の原因になります。

そこで、「なぜ合成洗剤はアトピーを悪化させるのか」「アトピーの方にオススメの洗たく洗剤や、アトピーの悪化を防ぐ効果的な洗たくの仕方」についてお伝えします。

合成洗剤がアトピーを悪化させる原因

合成洗剤を使うとアトピーが悪化するのは、合成洗剤には合成界面活性剤が含まれるからとお伝えしました。界面活性剤とは、水と油のように混ざり合わない成分を混ぜ合わせることができる成分のことです。この特徴を石油成分で作って洗浄力を高めたものが、合成界面活性剤です。

成分表に「界面活性剤」と書かれていても、合成洗剤の場合は「合成界面活性剤」と同じ成分です。

衣類など、肌に直接触れるものに合成界面活性剤を含む洗剤で洗うと、衣類が肌に触れた際に接触皮膚炎が起こる可能性があります。それは、洗たく物に残った合成界面活性剤の成分が肌に刺激を与えるからです。その結果、アトピーが悪化してしまうのです。

洗たく石鹸を使うとアトピーが改善する?

では、洗たく石鹸はどうでしょうか。洗たく石鹸は天然油脂を主原料として作られ、界面活性剤が含まれます。しかし石けんに含まれる界面活性剤は、酸性のところにのみ働きます。そのため、皮脂などの酸性の汚れに働きかけて中和されれば、その後は界面活性の働きは失われます。

洗たく石鹸が合成洗剤と違う一番大きな点は、洗たく石鹸には合成界面活性剤が含まれていないことです。そのため、合成洗剤から洗たく石鹸に代えるだけで、アトピーが改善する可能性があるのです。

【洗たく石鹸のメリット】

  • 天然由来の界面活性剤が酸性の汚れのみに反応するため、アトピー肌への刺激になりにくい

しかし、合成界面活性剤が含まれない洗たく石鹸にもデメリットがあります。次に、洗たく石鹸のデメリット・使用の際の注意点をお伝えします。

洗たく石鹸のデメリット

洗たく石鹸には合成界面活性剤や蛍光漂白剤が含まれないため、低刺激で肌にやさしいことは確かです。しかし、洗たく石鹸を使用すると石鹸カスが衣類に残りやすく、それがアトピー肌の原因となる可能性があります。

洗たく物に石鹸カスが残ってしまうと、石鹸カスが肌を刺激することで肌に炎症を起こしたり、アトピー肌を悪化させたりする可能性があるのです。

また洗たく石鹸を使用すると、洗たく槽に黒カビが発生しやすくなります。

洗たく槽のすき間に石鹸カスが残ってしまい、石鹸カスを栄養にして黒カビが繁殖するからです。洗たく槽に黒カビがある状態で洗たくをすれば、衣類などに付着します。洗たく物にこびりついた黒カビが肌を刺激し、さらにアトピーを悪化させる原因になりかねません。

【洗たく石鹸のデメリット】

  • 洗たく物に石鹸カスが残ることで、肌の炎症やアトピー悪化の可能性が高まる
  • 石鹸カスが発生することで洗たく槽に黒カビが繁殖しやすく、黒カビによるアトピー悪化がありえる

洗たく石鹸を使うときの注意点

洗たく石鹸を使う際、石鹸のカスが洗たく物に付着するとアトピー悪化の原因になります。また、石鹸カスが洗たく槽に残ることで黒カビが発生し、アトピー悪化の原因になることもお伝えしました。しかし洗たく石鹸の使い方を工夫すれば、石鹸カスが衣類や洗たく物に残らず、アトピーの悪化を心配せずに使用できます。

どうすれば石鹸カスの心配をせず洗たく石鹸を使用できるのか。それは、洗たく石鹸をぬるま湯で溶かすか、または泡立ててから使用することです。

肌への刺激やアトピー悪化を起こさないために大切なのは、衣類や洗たく物に石鹸カスが残らないようにすることです。そのため、洗たく石鹸をよく溶かして石鹸カスが出ないようにした状態で使用すれば、石鹸カスが残ることはありません。衣類や洗たく物に石鹸カスが残らなければ肌への刺激もなく、アトピーが悪化することはありません。

洗たく石鹸を使用する際は、石鹸カスが残らないように使用前にぬるま湯で溶かしたり、あわ立てたりしてから使用しましょう。

洗たくには重曹やセスキ炭酸ソーダの使用がオススメ

洗たく石鹸は合成洗剤よりも低刺激で、石鹸カスが残らないように使えば肌への刺激が少ないことはお伝えしました。ただ、アトピー肌の方に一番オススメなのは重曹かセスキ炭酸ソーダです。

重曹は別名を炭酸水素ナトリウムといい、セスキ炭酸ソーダはセスキ炭酸ナトリウムといいます。重曹もセスキ炭酸ソーダも、弱アルカリの性質を持つ天然由来のものなので肌に安心です。

重曹とセスキ炭酸ソーダの違いは、水への溶けやすさとアルカリ性の強さです。セスキ炭酸ソーダの方が重曹よりも水に溶けやすくアルカリ性が強いので、脂汚れを落とす力は重曹に勝ります。また、重曹もセスキ炭酸ソーダと同じアルカリ性で、人間の肌の表面に付着している酸性の皮脂を中和分解します。

さらに、重曹やセスキ炭酸ソーダは汚れだけでなく臭いも中和・分解してくれます。汗などの酸性のニオイをアルカリ性分が中和して消してしまうのです。

重曹とセスキ炭酸ソーダは、どちらも天然由来のアルカリ性です。万一、間違って口にしてしまっても、酸性である胃酸に中和されて体に残ることはありません。そのため重曹とセスキ炭酸ソーダは、私たちの体にとってとても安全なものとして、安心して使用できます。

セスキ炭酸ソーダは、落せつに悩むアトピーの人に効果的!?

重曹とセスキ炭酸ソーダは、アトピーの方でも安心して洗たくに使用できることをお伝えしました。今まで合成洗剤を使用していた人は、合成洗剤を重曹やセスキ炭酸ソーダに代えるだけで、アトピーが改善する可能性があります。ぜひ、重曹やセスキ炭酸ソーダを試してみてください。

アトピー性皮膚炎の人にとって、洗たくに関する悩みは洗剤だけではありません。フケのような細い皮膚のカスが出る「落せつ」も洗たくの悩みの一つではないでしょうか。

私は肌が乾燥するタイプで、下着を脱いだ時に白い粉が舞い散ることに悩んでいました。そしてその皮膚のカスは衣服の繊維の間に入り込み、洗たくをすると他の衣類にもこびりついたのです。洗たく前に衣服をはたいて皮膚のカスを落としました。しかし、洗たく前に衣類の皮膚のカスをはたき落としても、やはり他の衣類にフケのような細かい皮膚のカスがついてしまいました。

合成洗剤や洗たく石鹸では、落せつによる皮膚のカスは取れませんでした。しかし、「セスキ炭酸ソーダを洗たく時に使うと、皮膚のカスが他の衣類につかない」と聞き、すぐに試しました。その結果、私の衣類と他のものを一緒に洗っても、以前ほど皮膚のカスが他の衣類につかなくなったのです。

次に、私がどのようにセスキ炭酸ソーダを使って洗たくをしたのかをお伝えします。

セスキ炭酸ソーダを使った洗たくの仕方

洗たくに使う洗剤は、肌や体にとって安全な重曹やセスキ炭酸ソーダがオススメです。皮膚のカスが衣類にこびりつく落せつに悩む場合は、特にセスキ炭酸ソーダの使用が効果的です。セスキ炭酸ソーダのみを洗たくに使用する場合は、水10リットルにつき大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを使用します。

私は靴下やシャツの襟など脂汚れがある部分は、セスキ炭酸ソーダを溶かした水に一晩漬け置きします。そして洗濯する前に手で予備洗いもします。こうすると、洗濯機ではなかなか落ちない脂汚れも落ちやすくなるのでオススメです。

【セスキ炭酸ソーダを使用した洗たく方法】

  • 靴下やシャツの襟の脂よごれは一晩セスキ炭酸ソーダ水に漬ける
  • 洗濯機に入れる前に手で予備洗いをすると、脂汚れがさらに落ちやすくなる
  • 水10リットルにつき大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを使用する

通常の汚れはセスキ炭酸ソーダで落とすことができます。しかし成長期の子どもの衣類などは、汚れがはげしくセスキ炭酸ソーダだけではしっかり汚れが落ちないことがあります。その場合は、セスキ炭酸ソーダと粉石けんを使った洗たくの方法をオススメします。セスキ炭酸ソーダと粉石けんの洗たく洗剤の作り方は以下です。

【セスキ炭酸ソーダと粉石けんの洗たく洗剤の作り方】

600g分(洗たく量5kgに対し約50回分)

・セスキ炭酸ソーダ 300g
・粉石けん 300g

これらを混ぜれば完成

もしも石鹸カスが心配であれば、ぬるま湯で溶かすか泡立ててから使用してください。

柔軟剤には酢かクエン酸がオススメ

皮膚のカスが衣類にこびりつく落せつの場合は、洗たくにセスキ炭酸ソーダの使用が効果的とお伝えしました。また頑固な汚れには、セスキ炭酸ソーダと洗たく石鹸の併用が有効だともお伝えしました。

しかし、セスキ炭酸ソーダや洗たく石鹸だけで洗たくを終わらせてしまうと、衣類や洗たく物がアルカリ性に偏ったままになってしまいます。アルカリ性のままの洗たく物はゴワゴワしてしまい、肌触りの悪さが肌を刺激してアトピーが悪化しかねません。

そこで、酸性の成分でアルカリ性に傾いた洗たく物を中和させて柔らかくすることをオススメします。酸性であるクエン酸やお酢を使用すると、アルカリ性が中和されてゴワゴワ感がなくなり肌触りがよくなります。セスキ炭酸ソーダや洗たく石鹸を使用したあとは、柔軟剤の代わりに酸性のクエン酸やお酢を使ってください。洗たく物がやわらかくなることで、アトピー肌への刺激が軽減します。

クエン酸柔軟剤の作り方・使用方法

クエン酸とはレモンなどの柑橘類や梅干しなどの酸味成分で、アルカリ性の汚れやニオイを取り除く効果があります。また、酢はクエン酸と同じく酸性ですので、クエン酸の代わりに酢を使用することも可能です。酢を使う場合は、柔軟剤と同じ要領で洗濯機の柔軟剤投入口に酢を入れるだけです。

【クエン酸柔軟剤の作り方】

約250ml分(約10回分)

・精製水(水): 200ml
・クエン酸: 20g
・精油: 20~30滴 (好みにより調整)

精製水、クエン酸を混ぜあわせたところへ精油を混ぜるだけで完成

柔軟剤に入れる精油に関しては、殺菌・消臭力のあるものがオススメです。たとえば、ラベンダー、ユーカリ、ティートゥリーは殺菌・消臭効果があります。精油には、自然の香りを楽しみながら心身のリラックスといったアロマテラピーの効果も期待できます。

私はクエン酸にラベンダーオイルを混ぜて使用しています。ラベンダーには殺菌効果だけでなく、抗炎症作用やリラックス効果がありお気に入りです。

さらにふっくら仕上げたい場合は、クエン酸柔軟剤にグリセリン大さじ2も加えてください。グリセリンは植物油から採取される透明の粘着性のある液体で、水に溶ける特性があります。水分を引き寄せる吸湿性にすぐれ、化粧品の原料や食品の甘味料としても使われています。

グリセリンを加えることで衣類の繊維に保湿成分が入りこみ、しっとりふわっと洗たく物を仕上げることができます。

重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸には洗たく槽をきれいにする効果がある

合成洗剤や洗たく石鹸を使用していると、洗たく槽に付着した成分から黒カビが発生してくるため、定期的に掃除をする必要があります。しかし重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸を使用すると、アルカリ性の中和反応が働きます。その結果、洗たく槽についた酸性の黒かびやニオイが取れるのです。

普段から洗たくをする際に重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸を使えば、洗たく槽に黒カビがつきません。そのため掃除をしなくても、洗たく槽をきれいに保つことができます。

また重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸は天然由来のため、重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸を使って洗たくした排水が自然環境を汚染することもありません。私たちの体だけでなく、自然環境を守るためにも洗たくには重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸の使用をオススメします。

水だけの洗濯でも汚れは落ちる?

「重曹やセスキ炭酸ソーダは人の体にも自然にも優しいことはわかったけれど、水だけで洗えば衣類に何も残らず一番肌にとって安心ではないか」と思われたかもしれません。確かに水だけの洗たくであれば、衣類に何かが残ってしまう心配はありません。

実際に水だけの洗濯をしてわかりましたが、洗剤は一切使わず水だけで洗たくをしても、軽い汚れであれば落ちます。しかし、少しでも襟元や袖口に脂汚れがある場合や、夏場など汗をかく季節の洗たく物は水だけでは落ちませんでした。水の中に一晩漬けおいても脂汚れは取れませんでした。

また水だけで洗たくした場合、洗たく物が乾いたあとのニオイが気になりました。水だけでは汚れがしっかり落ちないため、不快なニオイが衣類に残ったのです。そして結局、セスキ炭酸ソーダで洗い直しました。

このような結果から、わたしは水洗いだけの洗たくはやめて、セスキ炭酸ソーダを使用しています。肌への刺激もなく、嫌なニオイが洗たく物に残ることもありません。

室内で洗たく物を干す際の注意点

洗たく物のニオイといえば、外干しができず室内で干すとニオイが気になることがあります。それは、濡れた洗たく物が水分を含んだまま長く放置されると、雑菌が繁殖するからです。

室内で洗たく物を干す際は風通しのいい場所に干したり、扇風機の風をあてたりして通気性をよくしましょう。そうすれば洗たく物に雑菌が繁殖せず、嫌な臭いが発生することはありません。

まとめ

今回はアトピー改善のための洗たく洗剤・洗濯の仕方をお伝えしました。以下の要点を再確認してください。

  • 洗たく石鹸を使用する際は、石鹸カスが残らないようぬるま湯で溶かすか、泡立ててから使用する
  • 重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸は、人体にも環境にも優しい
  • セスキ炭酸ソーダには、皮膚のカスを洗い落とす効果がある
  • 重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸を使用すると、洗たく槽についた黒かびやニオイを取ってくれる効果がある
  • 水洗たくでも軽い汚れは落ちるが、脂汚れはほとんど落ちず、衣類が乾いたあとのニオイが気になる

洗濯に合成洗剤はオススメしません。合成洗剤はアトピー肌の原因になるだけでなく、環境汚染にも繋がります。私が洗たく洗剤に一番オススメするのは重曹、またはセスキ炭酸ソーダです。人間の体にも環境にも安全だからです。

しかし重曹の洗浄力では物足りない場合、または、落せつに悩む場合はセスキ炭酸ソーダを使いましょう。それでも洗浄力が弱いと感じれば、前述した重曹かセスキ炭酸ソーダと石鹸で作る洗たく石鹸が効果的です。

ただ洗たく石鹸を使用する際は、石鹸が洗たく物に残らないようにすることが大切です。衣類などに石鹸のカスなどが残ると、それが肌を刺激してアトピー悪化の原因になってしまいます。使用前には洗たく石鹸をぬるま湯で溶かしたり、泡立てたりしてから使用しましょう。そして、すすぎもしっかり行ってアトピー肌に刺激を与えないようにしましょう。

【LINE@登録で、毎月20名様へ集客動画+電子書籍をプレゼント中】

【引き寄せの法則+みんなが知らないお金の仕組み】
2冊の電子書籍+秘密特典を無料でプレゼント!