アトピーと生活習慣

紫外線はアトピーを悪化させる!?紫外線の意外な影響とは

「紫外線を浴びるとアトピーが悪化する!」「日焼けは肌に大敵!」と思う方は多いと思います。実際、アトピーでなくても日傘を差したり、暑い夏にはUVカットの黒手袋を愛用する女性が目に留まりますよね?

しかし、紫外線は本当に悪い影響しかないのでしょうか?

実は、紫外線には、アトピーを改善する要素もあるのです。

では、ここでは、紫外線がどうアトピーに良い影響があるのかをお伝えしていきます。

そもそも紫外線とは?

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短い光をさします。UVA波、UVB波、UVC波の3種類がありますが、UVC波はオゾン層に吸収され地上へは届きません。

よって、私たちの肌に直接届く紫外線は、UVA波とUVB波となります。

私の祖母は、若かったころ畑でお米を作っていましたが、今では顔がシワシワ。これは、たくさんUVA波を浴びたことで、細胞の弾力性が破壊された結果です。

一方、子どもの頃に日焼けをして肌がヒリヒリした経験はないですか?これは、UVB波が原因です。

紫外線にも種類があり、それぞれ影響が違うのです。

【UVA波(紫外線A波)】

地上に到達する紫外線のおよそ95%を占めるものがUVA。表皮を通り抜けじわじわと肌の奥深くまで浸透し、肌のハリを維持するエラスチン線維を破壊し、肌の柔軟性や弾力性を低下させます。継続して浴びることで、シミやシワなどに影響があります。

【UVB波(紫外線B波)】

日に焼けた時にヒリヒリするのは、UVBが原因。表皮のDNAや細胞膜を破壊してやけどなどの皮膚トラブルを起こす原因になります。日焼けによるシミ・ソバカスを引き起こします。

紫外線の意外な効能とは?

私たちの肌に直接影響がある紫外線は、UVA波とUVB波ということをお伝えしました。どちらもシミやシワ、ソバカスといった悪影響が目立ちますが、適度な紫外線はアトピーに良い影響ももたらします。

では、アトピーにどういった効果があるのか見ていきましょう。

ビタミンDを生成する

ビタミンDには、免疫調節作用や抗炎症作用があります。ビタミンDが不足すると免疫系に異常が起き、それがアレルギーを発症させる一因になります。よって、ビタミンDはアトピー改善にとって、とても重要な働きがあるのです。

イタリアのキエティ大学が小児のアトピー性皮膚炎に対して行った、ビタミンDサプリメント投与による、免疫調節作用を示した臨床研究を見つけました。

以下、一部ですが、簡潔に要約したものを日本語訳でご紹介します。

アトピー性皮膚炎の小児39名とアレルギー性疾患のない健常対照群の小児20名を対象に、3ヶ月間ビタミンDを与えた場合の変化について。

3ヶ月間のビタミンDサプリメント投与後は、アトピー性皮膚炎の小児群では、 アトピースコアという、値でアトピーの重症度を示したものが減少。

また、サイトカイン類(免疫・炎症反応などの生体防御機構に重要な役割を果たすもの)も改善を示した。

以上のデータから、アトピー性皮膚炎の小児において、 ビタミンDサプリメント投与による免疫調節作用、アトピー性皮膚炎の症状改善作用が示唆される。

Vitamin D Supplementation Modulates the Immune System and Improves Atopic Dermatitis in Children

このように、ビタミンDは、アトピースコアを下げる効果、そしてサイトカイン類を改善する効果があります。これは要するに、ビタミンDの免疫調節作用や抗炎症作用が、アトピー性皮膚炎を改善することに効果的な証拠ですね。

自律神経を調節する

アトピーの人の場合、肌の炎症による痒みや痛みといったストレスを常に抱えた緊張状態にあり、交感神経が優位になっています。そして、交感神経が優位の状態では、細菌や異物が侵入してきた際、それらを攻撃して体を守るためアドレナリンを放出して顆粒球を増加させます。

この顆粒球は、活性酸素を利用して細菌や異物を殺菌、消化しますが、その際、正常な細胞まで破壊することでアトピーの炎症となるのです。逆に、副交感神経が優位になるとリラックス状態となり、アセチルコリンが分泌されてリンパ球が増加します。

リンパ球が増えると、顆粒球の増殖と活性化が抑えられるので炎症は治まっていきますが、リンパ球が過剰に増えるとわずかな抗原にまで反応し、アレルギーを引き起こすので注意が必要です。

このように、どちらかが優位な状態であることがいいわけではなく、2つの自立神経がバランスよく働くことで炎症やアレルギーが起こりにくくなるのです。

「朝、目が覚めたら太陽の光を浴びましょう」と聞いたことがありませんか? それは、自律神経をリセットするためです。

朝日を浴びることで、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が抑制され、交感神経が優位となり一日の活動を開始する態勢になります。

また、ここで停止されたメラトニンの分泌は14~15時間後に再び開始され、夜は自然に眠気が出る身体のリズムが整います。

このように、朝の太陽光を浴びて体内時計を正しく機能させ、自律神経を整えることが、アトピー改善に繋がるのです。

自律神経とアトピーに関してはこちらをクリックしてください。

アトピーへの紫外線(太陽光)の効能

・免疫調節作用、抗炎症作用を促すビタミンDの生成

・自律神経を整える

ビタミンDを合成するには、一日に10~20分程度の日光浴が効果的です。身体の中からアトピーを改善するためにも、紫外線を適度に浴びる習慣を持ちましょう。

過剰な紫外線はアトピー悪化の要因に

紫外線を浴びることによるアトピー性皮膚炎への恩恵についてはお伝えしました。しかし、紫外線の浴びすぎはアトピー悪化につながるので注意が必要です。

なぜなら、紫外線を浴び過ぎると、皮膚が乾燥し、皮膚温度が上がることでかゆみが増したり、炎症を起こしたりといったリスクがあるからです。

また、皮膚には、ウイルスや細菌から身を守る免疫システムが備わっています。その免疫システムの一つが、ランゲルハンス細胞といいます。

この細胞は、外的刺激が原因で起こる肌の炎症を抑える鎮静化酵素を持つのですが、紫外線を浴び続けると、機能を失ってしまうのです。

その結果、皮膚表面の免疫機能が低下し、バリア機能に深く関わる皮膚表面の細菌もうが乱れやすくなることでアトピーが悪化しやすくなるのです。

特に春や夏は日差しが厳しく、紫外線も強くなります。浴びすぎには注意しましょう。外に出る際は、UVカットの帽子や日傘を使うようにしてください。

アトピーにオススメの日焼け止め

過剰な紫外線を浴びないためにも、日焼け止めはできれば使いたいところ。でも、日焼け止めといっても、たくさん種類があってどれを選べばいいか迷ってしまいませんか?

ここでは、日焼け止めを選ぶ際に気をつけたいポイント、また私がアトピーの頃に使用していた日焼け止めをお伝えします。

肌に負担とならないSPF・PA値を選ぶ

日焼け止めは、紫外線UVAのカット効果がPA、紫外線UVBのカット効果を記したものがSPFで記されています。これらの数値が高いほど紫外線カット効果が高まります。

UVAカット効果を表すPA

PAは、UVAのカット効果を示し、4段階の+(プラス)で表記されます。+の数が多いほど紫外線UVAのカット効果が高まります。

日常生活では、PA++あたりで十分です。外で運動をする場合には、PA++~PA++++を選びましょう。

UVBカット効果をあらわすSPF

SPFは、UVBのカット効果を示し、SPF10~50で表記されます。数字が大きいほど紫外線UVBのカット効果が高まります。

SPFに関しては、日常生活であればSPF10〜30程度で十分でしょう。海や山などのアウトドアをする場合は、SPF30~50がオススメです。

しかし、SPFは高くなるほど肌への負担が高まりますので、肌への刺激が心配であれば、SPF10~20がいいでしょう。

また、SPF(紫外線防御指数)が高い日焼け止めの方が、紫外線をカットする力が強いですが、紫外線吸収剤が入っていることが多く、肌への負担がかかります。

肌が敏感な場合は、カユクなったり、カブレたりすることがありますので、SPFは10~20を目安に選び、3~5時間おきに塗りなおすようにしましょう。

日やけ止めの成分

日焼け止めの成分には、紫外線から肌を守るための紫外線防止剤が含まれています。紫外線防止剤には、主に「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があります。

【紫外線吸収剤】

化学反応を利用し、紫外線を熱エネルギーに変えて放出することで紫外線を防御する

【紫外線散乱剤】

紫外線を散乱・反射させて防御する。紫外線吸収剤より肌への負担が少ない

一般の日焼け止めには、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の両方が配合されているケースが多いです。しかし、アトピーの方には、「紫外線散乱剤」や「ノンケミカル」と書いてある、できるだけ肌に負担のかからないものがオススメです。

また、アトピーの症状がひどく、日焼け止めを塗れない場合は、UVカットの手袋やぼうし、日傘などを使用しましょう。

私が使用していた日焼け止め

今でこそアトピーが完治したため、それほど気にせずに日焼け止めを購入できています。しかし、アトピーがひどかった時は、つけた途端にヒリヒリするものや合わないものが多く、日焼け止め選びには苦労しました。

いろいろ試した中、長く愛用したものはHANAオーガニック ウェアルーです。楽天などで購入が可能です。

天然成分のみなので、クレンジングがいらない点もありがたかったです。

この日焼け止めは、SPF30、PA++。無香料、パラベンフリー、無鉱物油、石油系成分・石油系防腐剤フリーです。こちらはカラー入りですが、私は、化粧下地にも使用していたため、BBクリームのような感覚で使用していました。仕事の際には炎症を少しでも隠したかったので、色つきはありがたかったです。

他にもいろいろとノンケミカルの日焼け止めはあります。ぜひ、ご自分に合うものを見つけてくださいね。

まとめ

ここまで、紫外線に関してお伝えしてきました。以下の要点を再確認してください。

【紫外線の効能】

  • 免疫調節作用や抗炎症作用のあるビタミンDを生成する
  • 自律神経を調整する

【紫外線の悪影響】

  • 浴びすぎは肌の炎症、カユミを悪化させる
  • シミ、シワをもたらす可能性がある

【日焼け止めを選ぶ際の注意点】

  • ノンケミカル、紫外線散乱剤と書かれた低刺激のものを選ぶ
  • 日常使いであれば、SPF10~30、PA++のものでOK

一般的に知られる紫外線に関しての情報は、シミやシワ、皮膚ガンなどといったネガティブなことばかりです。

確かに、紫外線を浴びすぎることは害になります。アトピーの炎症を悪化させたり、カユミが増す原因にもなってしまいます。

しかし、紫外線には、免疫調節作用や抗炎症作用のあるビタミンDを生成したり、自律神経を整えてアトピーを改善したりといった大切な働きもあります。

毎日10~20分ほどの日光浴を楽しみながら、紫外線を味方につけてアトピーを改善していきましょう。

【LINE@登録で、毎月20名様へ集客動画+電子書籍をプレゼント中】

【引き寄せの法則+みんなが知らないお金の仕組み】
2冊の電子書籍+秘密特典を無料でプレゼント!