アトピーと腸

リーキーガット症候群を治して腸を整えれば、アトピーは改善する

日本ではまだあまり聞きなれないかもしれませんが、自覚がなくリーキーガットの症状に悩む日本人は7割を超えているともいわれます。アトピー性皮膚炎と腸には密接な関係があります。そしてリーキーガット症候群は、まさに腸の状態が悪化して起こるものです。

では、リーキーガット症候群とは一体どういうものなのか? アトピー性皮膚炎とどういった関係があるのかを見ていきましょう。

リーキーガット症候群とは腸壁が破壊された状態

リーキーガット症候群とは、英語で「Leaky Gut Syndrome」と書きます。「Leaky 漏れている」「Gut 消化器官」「Syndrome 症候群」です。日本語での正式名称は、LGS・腸管壁浸漏症候群といいます。

つまり、腸粘膜のバリア機能が壊れている状態のことをリーキーガット症候群というのです。

腸壁が破壊されると、本来なら取り込まれない異物が体内に侵入し、炎症・アレルギー反応などを引き起こします。その内の症状の一つが、アトピー性皮膚炎です。

では、リーキーガット症候群には、どのような症状があるのかを見ていきましょう。

リーキーガット症候群の症状

以下のような症状がある場合、リーキーガット症候群が原因かもしれません。

【リーキーガット症候群の主な症状】

  • アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー
  • 食品アレルギー
  • 過敏性腸症候群による便秘、下痢
  • リウマチ、関節炎などの自己免疫疾患
  • うつ、自閉症、不眠などの精神疾患

リーキーガット症候群の症状は身体的疾患だけに留まらず、精神疾患にも及びます。喜びや楽しみを伝える物質であるセロトニンや、私たちのやる気を起こさせる物質であるドーパミンはほとんど腸で作られているからです。そのためリーキーガット症候群になって腸が正常に働かないと、セロトニンやドーパミンが十分に分泌されなくなり、精神疾患へ発展することがあるのです。

アトピー性皮膚炎の原因には、内臓の状態から外部環境までさまざまなものがあります。しかし、精神的なストレスも主な原因です。

私のケースでは、派遣された職場でものすごく厳しい方がいました。その人が直接指導者にあたってしまった人は、泣かされて辞めていくという… 私はその人に当たってしまい怒鳴られながら指導を受け、夜中も悪夢にうなされるまでになった時アトピーが悪化しました。

私は意地になって、「指導が終わるまでは絶対に辞めるもんか!」と踏ん張りましたが、アトピーは悪化していきました。やはり精神的なストレスが影響したと思われます。

このように、リーキーガットで腸の状態が悪化すれば、セロトニンやドーパミンが十分に分泌されず、感情不安や精神不安定になります。すると、うつや不眠、自律神経失調症になりやすくなってしまいます。

精神状態が不安定になれば、食事や睡眠などにも影響が及び、身体状態も悪化します。こうして、ますます不健康になる悪循環が起こってしまうのですね。

このように、腸の状態によって、身体と精神の状態は大きく左右されます。腸は、これほどまでに私たちに大きな影響を与える臓器なのです。

では、なぜリーキーガット症候群になってしまうのか? 症状を発生させる原因を見ていきましょう。

リーキーガット症候群の原因

腸粘膜のバリア機能がこわれた状態が、リーキーガット症候群の状態というのは説明しました。

では、なぜ腸粘膜のバリア機能が壊れてしまうのか? 以下にリーキーガットを引き起こす可能性のある原因を挙げたので、確認ください。

【食べ物の影響】

小麦粉に含まれるグルテン、乳製品は消化に負担がかかり、腸内環境を悪化させる原因になります。

【糖質の過剰摂取】

過剰摂取が体に悪影響を与えることがよく知られている糖質は、病原微生物が繁殖する際のエサになるため、リーキーガット予防の観点からもやはり、摂り過ぎはNGです。

【抗生物質などの医薬品の影響】

抗生物質、ステロイド剤やピルのような医薬品が、腸内細菌の善玉菌までも死滅させることで、悪玉菌が優勢となって腸壁が壊され、リーキーガットの症状を引き起こすともいわれます。

【有害物質(添加物・保存料・化学物質・環境汚染物質など)の影響】

加工食品に含まれる添加物や保存料は、腸内細菌を死滅させます。すると、腸内の悪玉菌が優勢となり、腸内環境を悪化させ、腸壁が荒れる原因となります。

【アルコールの過剰摂取】

アルコールを身体が分解していく際に発生するものをアセドアルデヒドといいます。これは、血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって分解された中間代謝物質です。このアセドアルデヒドが有毒物質で、リーキーガットを引き起こしやすいのです。二日酔いしやすい、アルコールを摂取すると顔が赤くなるなど、アセドアルデヒドを分解しにくい体質の人は特に注意が必要です。

リーキーガット症候群の検査方法

これまでは、これといったリーキーガットの検査方法はありませんでした。しかし、アレルギー反応を調べる「遅延型フードアレルギー検査」によって、リーキーガットの程度を評価することが可能になりました。

具体的な検査方法は、腸管から漏れて体の中に入った食物が起こしたアレルギー反応を調べる方法です。

リーキーガット症候群の治し方とは?

腸粘膜のバリア機能が壊れてしまう原因はお伝えしました。では、腸粘膜のバリア機能を回復し、リーキーガットの症状を改善するにはどうすればいいのかを見ていきましょう。

薬では逆効果!?

身体に不調が出たら、一般的には病院に行き、医者のアドバイスを求めます。しかし、リーキーガット症候群は、抗生物質やステロイド剤を内服すると、腸内細菌が死滅してしまうため、薬では治せません。

なぜなら、抗生物質は腸内細菌の善玉菌をも死滅させてしまうため、いつもは善玉菌が監視しているカビやウイルス、細菌が一気に繁殖してしまうからです。中でも、カンジダの異常発生が問題となります。

カンジダとは、もともと腸内に棲んでいるイースト菌の一部であり、常在菌です。善玉菌が優勢の時はおとなしくしていますが、善玉菌がいなくなると暴れだし、腸内に毒素をまき散らすのです。

これが、腸粘膜を傷つけ、リーキーガットを引き起こすのですね。

つまり、薬を使うと逆効果をもたらしてしまうということ。

よって、リーキーガット症候群は、食事やサプリメントで腸内環境を整えて自力で治すしかないのですね。

では、どのような食事を摂ればいいのか? 具体的にみていきましょう。

食事療法でリーキーガット症候群を治す

薬の力で症状を改善することはできないため、食事療法を行う必要があるとお伝えしました。

では、具体的にどのような食品を避けるべきか、またどのような食事を心がけるべきかを見ていきましょう。

腸内環境を悪化させる食品を断つ

白砂糖、小麦に含まれるグルテン、乳製品、加工食品、オメガ6系脂肪酸、トランス脂肪酸などは悪玉菌を増やします。

また、アルコールやカフェインなどの刺激物。そして、食品添加物 残留農薬 塩素 放射性物質 抗生物質も意識してなるべく摂取しないよう心がけましょう。

腸内環境を整える食事をとる

リーキーガット克服には、ボーンブロススープ(骨スープ)が良く紹介されていますね。ボーンブロススープとは、牛、鶏、魚、羊などの骨、骨髄、皮膚、足、腱、靭帯をボイルして、数日間ぐつぐつ煮込んで作るスープのことです。

このボーンブロススープには、コラーゲン、ゼラチン、ビタミン、ミネラル、グルコサミン、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。

特にゼラチンは腸の粘膜を強化するため、リーキーガットにはボーンブロススープが効果的といわれるようです。

大切なのは、意識して善玉菌を増やしてくれる食品を摂取することです。たとえば、食物繊維やオリゴ糖を含む食べ物は善玉菌のエサとなります。

また、納豆やキムチ、海外ではドイツのクラウティといったキャベツの酢漬けなどの発酵食品もオススメです。なぜなら、発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれているため、腸内の善玉菌を増殖してくれるからです。

食生活によって腸内細菌のバランスが簡単に変化することがわかる、ある研究論文があるのでご紹介いたします。

2014年に有力科学雑誌ネイチャーに「動物性食品や植物性食品が腸内環境にどのような影響を与えるか」を調べた論文が掲載されました。それによると、動物性食品のみを食べた場合は1~5日で悪玉菌を増やし、植物性食品のみを食べた場合の腸内細菌の変化は小さく、腸内環境改善には5日以上かかることがわかりました。

この研究結果からもわかるとおり、腸内環境を良好に保つためには、普段から肉や卵などの動物性食品を取りすぎず、植物性食品を多めに摂取することを意識することが大切ということがわかります。

以下の善玉菌を増やす食材を、毎日のメニューに意識して取り入れ、腸内環境を整えましょう。

【乳酸菌を多く含む食材】

味噌、しょうゆ、つけもの、納豆、ワイン、ヨーグルト、キムチなど

【オリゴ糖を多く含む食材】

バナナ、きゃべつ、じゃがいも、たまねぎ、とうもろこし、大豆など

【食物繊維を多く含む食材】

ごぼう、アーモンド、おくら、さつまいも、アボガド、千切り大根、生野菜など

【その他、動物性たんぱく質(かゆみが出ない人のみ)】

魚。特に、DHA・EPAと呼ばれる油(アトピー改善に有効な油)を含む青魚
抗生物質が不使用で育てられた家畜の肉
ただ、肉の食べすぎは腸内の悪玉菌を増やすので、週500g程度を目安に。

具体的なレシピの例

日ごろからたくさんの野菜や腸内の善玉菌を増やす食事を心がけましょう。食事だけでなく、乳酸菌サプリメントなどで補うことも有効です。ここでは、レシピの例を挙げますね。

カリカリサーモンと生野菜のサラダ

マーボー豆腐丼&豚となすとピーマンの味噌炒め

白身魚をオレンジと玉ねぎでマリネしたサラダ

半日断食、週末断食のすすめ

現代の日本は食べ物が溢れ、好きな時に好きなだけ食べられる状況です。

こういう生活環境によって、現代人は食べすぎの傾向にあります。

胃や腸などの消化器は、次から次へ来る食べものを消化していくために働かねばなりません。よって、常に働きすぎの状態です。オーバーワークが続けば、腸の働きが弱ります。

すると、腸壁が荒れやすくなり、リーキーガットに繋がってアトピーが悪化してしまいます。

たとえば、私たち人間も休みなく働いていたら、本来の能力を発揮できませんね? たまには休んで体力を回復することで、本来のパフォーマンスが常に発揮できます。

このように、プチ断食で胃腸を休ませてあげなければ、過労の状態で本来の働きができなくなってしまいます。

胃腸を活性化して本来の働きを取り戻し、消化能力、吸収力などを高めるために、半日断食や週末断食を行いましょう。そうすれば、腸の状態は改善し、アトピーも改善へと向います。

なお、断食で腸を休ませ、腸内環境を整えることは、幸福ホルモンであるセロトニンの活性を高めることにもつながります。セロトニンの分泌が活性化されれば、精神面でも安定しますね。

このように、プチ断食のメリットは、腸を休める身体面だけでなく、感情を安定させる精神面にも及ぶので、ぜひオススメです。

まとめ

リーキーガット症候群となり、腸壁に穴があくことでアトピーが悪化しているかもしれません。いずれにしても、腸内環境がアトピーの状態を左右します。

リーキーガットは、薬では治療できず、食事や生活習慣を見直すことで腸内環境を整えることが必要です。より早く腸内環境を整えるために乳酸菌サプリメントを摂取することも一つの方法です。腸に悪影響を与える食事や生活習慣を断ち、腸内の善玉菌を増やす習慣を心がけて毎日を過ごしましょう。

【LINE@登録で、毎月20名様へ集客動画+電子書籍をプレゼント中】

【引き寄せの法則+みんなが知らないお金の仕組み】
2冊の電子書籍+秘密特典を無料でプレゼント!