アトピーと生活習慣

ダニや花粉などのアレルゲンを除去する掃除の仕方

掃除によってアレルゲンを排除することは、アトピー改善にとても有効です。なぜなら、家の中にアレルゲンがあるだけで、皮膚はそれに反応してアトピーが悪化してしまうからです。

アトピーの方は、アトピーがない方よりも意識して、ハウスダストやダニなどのアレルゲンを排除する掃除が必要です。でも、「どうやって掃除をしたらいいかわからない」という方が私の周りには多くいました。

そこで今回は、アトピーの方に効果的な掃除の仕方についてお伝えします。

掃除の際は、ダニや花粉の除去を意識しよう

家の掃除といっても、掃除機をかけるだけで終わらせる方もいれば、隅々まできれいに拭き掃除までする方もいらっしゃるかと思います。

いずれにしても意識すべきなのは、ダニや花粉などのアレルゲンの除去。なぜなら、アレルゲンが家の中に溜まってしまうと、アトピー悪化の原因になるからです。また、こまめに掃除をして通気を良くし、除湿を心がけることも必要です。なぜなら、日本の気候は湿度が高いのでダニが繁殖しやすいだけでなく、カビ発生の原因にもなるからです。

たとえば、お風呂場は隅のほうに黒ずんだカビが発生しやすくなります。お風呂場のような湿度の高い空間は、まめな換気を心がけないとすぐにカビが発生してしまうので、意識してまめな換気を心がけましょう。

また、冬の寒い時期などは換気が億劫になりがちです。たまに窓を開けて風を通したり、押入れなどの締め切ったところには除湿剤を置くなどの対策をとって通気を良くし、カビやダニが発生しないよう対策してください。

まずは、ダニの除去の面で、特に気をつけて掃除をすべき場所を見ていきましょう。

畳・カーペットは、ダニの巣になる!?

最近は洋風の間取りが増えているため、畳のある部屋は客室のみといった家庭が多くなっているようですが、畳やカーペットはダニの巣になる危険性があります。

なぜなら、畳やカーペットにはホコリが溜まりやすく、湿度も高くなりやすいため、ダニの住家には最適な環境だからです。

たとえば、畳を見ると、細いスキマにたくさんのホコリが溜まっているのが見てとれますし、カーペットは、叩けばいくらでもホコリが出てくることを経験されたことが、誰しもあるのではないでしょうか。

特にマンション住まいの方は、音漏れ防止のためにもカーペットを使用している家庭が多いかもしれませんが、ホコリやダニ対策のためには使用しないことをオススメします。

もし可能ならば、畳やカーペットの使用をフローリングに切り替えることがアトピー改善には有効です。なぜなら、ホコリを取ったあとは拭き掃除だけで済むからです。

もしそれが難しい場合は、畳はこまめに掃除機をかけ、できれば月に一度は畳をはずして天日干しをして、ホコリやダニを取り除きましょう。

カーペットの場合は、毛の短いものを選び、掃除機をかける際は裏面もかけてください。

また、殺ダニ剤などをかけて10分ほど放置したあと掃除機をかけ、洗えるものはダニの死滅温度である55度以上のお湯で洗いましょう。

ソファーは革製品か合皮皮革素材がオススメ

もしご自宅にソファーがあれば、素材をチェックしてください。なぜなら、素材によってホコリやダニ対策が変わってくるからです。革製品か合成皮革素材であればお手入れは簡単ですが、布製品の場合はしっかりと掃除をする必要があります。

革や合皮の場合はダニが繁殖しづらく、またお手入れも拭き掃除だけで十分です。

一方、布製の場合はホコリが溜まらないようにカバーをつけて、カバーは週に1度は55度で洗うことをオススメします。また、ソファーは掃除機をかけて、少しでもダニが繁殖しないよう対策してください。

もしこれからソファーを買う予定があるのなら、布製でなく、革製品か合成皮革素材にすると、ホコリやダニ対策のお掃除も拭き掃除だけで簡単に済むのでオススメです。

エアコンフィルターは季節ごとにお掃除を

電源を入れたのに全く涼しくならない場合や、エアコンからカビ臭い空気が出てくる場合は、ほとんどがフィルターの汚れが原因です。

フィルターが汚れたまま電源を入れると、しっかり作動しないだけでなく、フィルターに溜まったホコリやアレルゲン、ダニが空気上に撒かれてしまいます。そうすると、アトピーが悪化する原因になりますので、夏と冬の年に2回の掃除を心がけましょう。

加湿空気清浄機を使用して空気中のアレルゲンを除去

冬場は寒さで換気が難しく、春は花粉が舞うのでなるべく窓は開けたくないと思われる方も多いと思いますが、アトピー改善のためには季節関係なく空気を入れ替えて、通気性よく室内を保つことが必要です。

そこで、オススメが空気清浄機の使用です。空気清浄機を使用すると、空気中に浮遊しているハウスダストに含まれるダニの死骸や、花粉の粒子などのアレルゲンも除去してくれます。

たとえば、わたしの場合は、蚊にかまれたわけでもないのに、肌が蚊にかまれたかのように赤く膨れたりすることが頻繁にありました。これは、空気中のハウスダストに含まれる、ダニの死骸や糞の成分であるたんぱく質に免疫機能が過剰反応して起こっていたようです。ですが、空気清浄機を使用してからは、突然肌が赤く膨れ上がることがなくなりました。

また、最近の空気清浄器はフィルター性能がとても高く、PM2.5のように今までの空気清浄機ではキャッチすることが出来なかった大気汚染の微粒子も取り除くことができるようになっているようです。

アレルゲンだけでなく、化学物質もキャッチしてくれるため、健康面からも空気洗浄機を取り入れることは、とても有効と思われます。

わたしが空気洗浄機を使用していた時は、同時に加湿器も使用して少しでも肌が乾燥しないように対策しましたが、最近は空気清浄機と加湿器が一緒になり、さらにフィルター機能も高性能な画期的な商品があります。

高性能でも価格はお手ごろなものが最近は手に入りますので、もしまだ旧型の空気清浄機を使用されている方は、少しでも早くアトピーを改善するためにも新型の加湿空気清浄機への買い替えをオススメします。

寝具の掃除で気をつけたいこと

掛け布団・式布団の手入れには、昔から天日干しがいいといわれます。しかし、天日干しで表面が温かくなったことで、ダニが適温になった布団の中に入り込み、そこで繁殖してしまう心配もあります。

それでも、ダニの繁殖を防ぐには、1週間に一度布団の裏表を日にさらすことが有効といわれます。ですが、干したあと布団を叩いてもダニはとれません。一番のダニ対策は、干したあとは叩くのではなく、布団の裏と表に掃除機をかけて布団の表面のダニだけでも退治することです。

また、寝具の中で防ダニ加工がうたわれた布団が出回った時期がありましたが、実は防ダニの明確な基準はありません。よって、明確な防ダニ基準がないため、防ダニ加工とあってもどの程度信頼できるかは試してみるしかないというのが現状です。

ですので、現在使用している布団をできるだけ天日干しし、そのあと掃除機を両面かけることでダニ対策をしましょう。

「掃除しなければ!」はストレスになり、アトピー悪化の原因になる!?

「アトピー改善のためには毎日しっかり掃除をしなくては」と強く思うほど、掃除ができなかった時はできなかった原因や自分を責めたりしがちです。

このように、「掃除をしっかりしなければアトピーは治らない」と思い込んでしまうと、掃除に対して過剰になり、逆にストレスとなってアトピーが悪化してしまったり、治らなかったりする原因となります。

掃除がストレスになってしまっては意味がありません。掃除はダニや花粉といったアレルギーの除去という目的以外にも、家がきれいになることですっきりして精神的にも安定する効果もあります。

あまり一生懸命になって、徹底的な掃除を義務化してしまうのではなく、気持ちよい空間作りを心がけてください。

そうすることで、空間がきれいになるだけでなく、精神的にも掃除が安定剤となり、アトピー改善に役立つことでしょう。

掃除だけではアトピーは改善しない! 体質改善にも取り組むことでアレルゲンに強い体質作りをしよう

そもそも、アレルゲンを100%生活から取り除くのは不可能です。ですから、アレルゲンの排除だけに一生懸命になっても、アトピーが完治することは難しいでしょう。

ところで、お気づきでしょうか? アトピーでない一般の人たちは、ハウスダストに含まれるダニの死骸や糞などのたんぱく質などのアレルゲンがあっても皮膚が痒くなったり、タダレたりすることなく生活しています。それはどうしてでしょうか?

それは、アレルゲンがあっても免疫が過剰反応せず、アトピーにならないからです。

よって、アレルゲンを取り除くことだけでなく、免疫の過剰反応が起こらずアトピーにならない身体作りが大切になるのです。

なぜなら、免疫が正常に機能し、アレルゲンに反応しない体質になれば、アトピーに悩まされることがなくなるからです。そのためには、やはり腸内環境を整えることです。腸内環境を整えることで、自律神経が正常に働き、免疫機能も整います。

アトピー改善には、ダニや花粉、たんぱく質といったアレルゲンの排除は必要ですが、同時にアレルゲンがあってもアトピーが出ない体質づくりを行っていきましょう。

腸内環境を整えるとアトピーは改善する

まとめ

今回は、アトピーの方が気をつけたいダニや花粉といったアレルゲンを除去する効果的な掃除の仕方をお伝えしました。

以下の要点を再確認してください。

  • 畳はなるべく月に一度は天日干しをする
  • カーペットを使用する場合は短毛のもの。裏表に掃除機をかけ、55度のダニ死滅温度以上で洗濯する
  • 畳やカーペットを交換できるのであれば、なるべくフローリングにする
  • ソファーはできれば革製か合成皮革素材のものを使用する
  • 布の場合はカバーをかけ、カバーは55度以上で洗い、ソファーは掃除機をかける
  • 革製や合成皮革素材は拭き掃除だけでOK
  • 寝具類は週に1度は裏表を天日干しして、両面に掃除機をかける
  • エアコンは夏と冬の2回フィルターを掃除する
  • 徹底的な掃除に専念し過ぎてストレスをためないようにする
  • アレルゲン除去と同時に、アレルゲンがあってもアトピーにならない体質改善をおこなう

ダニや花粉、たんぱく質などのアレルゲン除去のための掃除はとても大切ですが、同時に腸内環境を整えて、身体の中からアレルゲンに強い体質作りをすることが、アトピー改善には有効です。

掃除だけでなく、生活習慣全般を見直してアトピー改善に取り組んでいきましょう。

【LINE@登録で、毎月20名様へ集客動画+電子書籍をプレゼント中】

【引き寄せの法則+みんなが知らないお金の仕組み】
2冊の電子書籍+秘密特典を無料でプレゼント!