アトピーと内臓

副腎疲労がアトピーを悪化させる?副腎を回復してアトピー改善

アトピーの方には、肌のかゆみやほてりだけでなく、花粉症などのアレルギーに苦しむ方もいます。これは、副腎の過労による機能低下が原因で起こっているかもしれません。

アトピーの方は副腎機能が低下しているため、アトピーの炎症やかゆみの症状がなかなか良くなりません。しかし、副腎機能が回復すればアトピーは改善します。

なぜなら副腎は、アトピー改善に大きく影響する働きを持つ器官だからです。そこでアトピーへの副腎の働きと、副腎機能を回復する方法をみていきましょう。

副腎の働きがアトピーに影響する

副腎とは、腎臓の上にある大きさ5cmほどの小さな臓器です。

副腎はホルモンを分泌する内分泌器官で、体のあらゆる機能を調整しています。ホルモンとは、血液や体液によって全身に運ばれ、特定の内臓機能の働きを調整する情報伝達物質です。

ホルモンを分泌する器官の中でも副腎は、一番影響力が大きい器官です。なぜなら体の中で異常が起こった場合、「体を正常な状態へ戻すために他の器官の働きを調整する」という大切な役割を担っているからです。

たとえば糖質を摂取すると、血液中の血糖値が上がります。すると、すい臓がインスリンという血糖値を下げるホルモンを分泌して、血糖値を正常な数値に戻そうとします。

しかしその際、インスリンが過剰に分泌されてしまうと血糖値が大きく下がってしまいます。血糖値の大きな低下はめまい、立ちくらみ、冷や汗、頭痛などを引き起こします。そこで脳は、副腎から抗インスリンホルモンを分泌させて血糖値を上げようとします。こうして体内の血糖値は一定に保たれるのです。

このように、副腎は血糖値を正常に保つ働きをします。また炎症を抑えたり、血圧を調節したりなど、体の機能を正常に保つ大切な役割を果たしています。

副腎皮質ホルモンの働き

副腎は外側の皮質と内側の髄質に分かれ、それぞれ違うホルモンを生成します。2つのうち、外側の皮質から分泌されるホルモンは副腎皮質ホルモンと呼ばれ、アトピーの炎症を抑える効果があります。

以下の図では、副腎が皮質と髄質に分かれている様子を確認できます。

引用元:東京大学医学部附属病院 腎臓・内分泌科 公式ページ

副腎皮質ホルモンの一つであるコルチゾールには、血糖値のバランスを保つ働きや、体内の炎症を抑える働きがあります。

病院ではアトピー治療のためにロコイドやリンデロン、フルコートなどのステロイド剤が処方されます。これらのステロイド剤は、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールの働きを人工的に作り出すために作られたものです。

引用元:主要外皮用剤一覧

皮膚科や病院では、アトピー性皮膚炎にはステロイド剤が処方されます。ステロイドを患部に塗ると、劇的に症状が改善した経験をした方が多いと思います。

しかしなぜ、副腎がコルチゾールを生成するにも関わらず、アトピーを治すために外部からステロイド剤を摂取する必要があるのでしょうか。それは、アトピー肌を修復するのに十分な量のコルチゾールを副腎で生成できていないことが原因の一つです。副腎が過労によって正常に機能しなくなる副腎疲労の状態である「副腎疲労症候群」であることが考えられます。

では、正常に働いていた副腎が、副腎疲労の状態に陥ってしまうのはなぜでしょうか。次に、副腎疲労が起こる原因についてお伝えします。

アトピーによる副腎疲労の原因

肌のかゆみやほてりといった症状が発生した場合、通常の肌なら副腎からコルチゾールが分泌されて炎症は治まり、かゆみやほてりは消えます。しかしアトピーの場合は、副腎が弱って機能が低下しています。そのため、コルチゾールが十分に作られず、炎症が起こり続けている状態です。

副腎の機能が低下する原因は2つあります。コルチゾールを過度に分泌することで起こる副腎疲労症候群にかかった場合と、アトピーを抑えるためにステロイド剤を長期使用した場合です。

では、それぞれを詳しくみていきましょう。

副腎疲労症候群による機能低下

副腎の機能が低下する原因の一つに、副腎疲労があります。副腎疲労は、アトピーの炎症を抑えるために何度もホルモンを分泌するという過度な働きによって起こります。また、ストレスや糖分の多い食事を摂ることでも生じます。

ストレスには精神的なストレスだけでなく、大気汚染や食品の添加物、持病、感染症なども含まれます。体内で炎症を起こす恐れのあるもの全てが含まれるのです。

ストレスによって体内に炎症が起こると、その炎症を抑えるためコルチゾールが分泌されます。しかし、コルチゾールが過度に分泌される状態が続くと、副腎が疲れてしまいます。それによって、アトピーの炎症を抑えるなどといった時に十分なコルチゾールを分泌できなくなります。この副腎が疲れて機能が低下した状態を副腎疲労症候群といいます。

ステロイド剤の長期使用による機能低下

副腎の機能が低下するもう一つの原因は、ステロイド剤の長期使用です。

外から副腎皮質ホルモンを与えることによって、副腎は自らコルチゾールなどの副腎皮質ホルモンを分泌する必要がなくなるために起こります。

たとえば、野生動物が毎日エサを与えられれば、自ら狩りをしなくても生きていくことができるため狩りをしなくなります。その結果、狩りをする能力は衰えていきます。

このように、自ら副腎皮質ホルモンを分泌しなくても必要量が外から補給されるとわかれば、副腎は働くことをやめます。こうして副腎の機能はしだいに衰えていくのです。

副腎疲労のサイン

ここまで、副腎疲労の原因についてお伝えしました。では、どういう状態になると副腎疲労の可能性があるのかをお伝えします。

副腎疲労の症状には以下のようなものがあります。

  • 朝の目覚めがわるい
  • うつ病・やる気が出ない
  • アトピー・花粉症などのアレルギー症状
  • PMS(月経前症候群)

副腎疲労の初期段階にあらわれる症状が、朝の目覚めが悪くなることです。コルチゾールは一日中平均して分泌されるのではなく、日内変動(にちないへんどう)と呼ばれる一定のリズムによって分泌されます。

通常であれば朝方の分泌量が一番多く、昼にかけて減っていき、夜はほとんど分泌されません。なぜならコルチゾールは、ストレスを受けた時に分泌されるからです。副腎は朝方からコルチゾールを分泌することで、日中のストレスに備えるのです。

ところが副腎の機能が低下してくると、日内変動のリズムが不規則になります。コルチゾールの分泌が午後に活性化されたり、一日を通して同じ量のコルチゾールが分泌されたりということが起こります。もし、夜になるとかゆみが増して寝れず、日が昇るころに眠くなって朝方起きられないという場合は、副腎疲労の可能性があります。

うつ病やアレルギー症状に関しては、「副腎疲労によって、異物を認識して排除するための役割を持つ免疫系が正常に働いていない」ことが原因です。免疫系が過剰に反応して自分自身の正常な細胞や組織を攻撃する自己免疫疾患を起こしていることが考えられます。これは、副腎から分泌されるコルチゾールは免疫機能や神経系のサポートもつかさどるからです。

女性の場合のPMS(月経前症候群)に関しても、副腎疲労が考えられます。なぜなら副腎は、健康な状態を保つための生理作用をコントロールするアドレナリンやドーパミン、性ホルモンなども分泌するためです。

副腎疲労が起こることで、生理作用に必要なホルモンが十分に分泌されなくなります。その結果、生理前になると心や体の不調といったPMSの症状が起こるのです。

副腎の機能を高める栄養素

ここまで、副腎疲労の原因や症状に関してお伝えしました。副腎が正常に機能すれば、副腎皮質ホルモンは体内で十分に生成され、外から摂取する必要はありません。つまり、副腎の機能を回復すれば、アトピーの炎症を抑えるためにステロイド剤を摂取する必要はありません。

副腎の機能を取り戻すためには、副腎疲労を取り除き、機能を高めてくれる栄養素を積極的に摂取する必要があります。副腎から分泌されるホルモンの材料となる栄養素は、食べ物に含まれているからです。

そこで副腎の状態を回復し、機能を高めてくれる栄養素とレシピの例をお伝えします。

ビタミンC

副腎はたんぱく質を元にホルモンを生成し、ホルモン生成時にビタミンCを大量に消費します。よってビタミンCは、副腎がホルモンを生成するために欠かせない栄養素です。ビタミンCが不足すると、副腎は副腎皮質ホルモンを十分に作れなくなります。そのため、アトピーの肌が炎症を起こしても副腎からホルモンが分泌されず、炎症を抑えることができなくなります。

ビタミンCは毎日十分に摂取する必要があります。ビタミンCの摂取目安量は以下を参照してください。

引用元:日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要

ビタミンCの効果的な摂取方法は、ビタミンCが多く含まれる野菜を生、もしくはさっと炒めて食べる方法です。ビタミンCは加熱に弱いので、ゆでたり火にかけすぎたりする調理法は避けましょう。

また、ビタミンCが豊富に含まれたものに果物があります。しかし、果物には血糖値を上げる果糖が含まれているのでオススメしません。

ビタミンCは水溶性のため、一度にたくさん摂取しても吸収される量に限度があり、それ以上は排泄されてしまいます。そのため、朝・昼・晩と一日のうちに細めに分けて摂取するよう心がけましょう。

【ビタミンCを多く含む食材】

パプリカ・ゴーヤ・ミニトマト・ブロッコリー・カリフラワー・カボチャ・サツマイモ・モロヘイヤなど

【パプリカとひよこ豆のサラダ】

パプリカにはビタミンCが含まれ、ひよこ豆にはビタミンBとビタミンEが含まれます。またひよこ豆にはたんぱく質も多く含まれるので、ベジタリアンミートとも呼ばれます。お好みでイタリアンパセリを散っても美味しいです。

トマトのオリガノ&オリーブオイル和え】

トマトにはビタミンCだけでなく、体の老化を防止する抗酸化作用を持つリコピンが豊富に含まれます。カットしたミニトマトにお好みでオリーブオイルやオリガノをかけるだけの、シンプルな一品です。

ビタミンB群

ビタミンB群は、副腎がホルモンを生産する過程において必要となる栄養素です。

ビタミンB群には、ビタミンB1(チアミン)、B2、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6(ピリドキシン)、B12(コバラミン)、葉酸、ビオチンという8種類のビタミンがあります。

ビタミンB群はそれぞれが協力して働くため、単体ではなく群で摂る必要があります。中でも特に重要なのが、ビタミンB5のパントテン酸です。

なぜならパントテン酸には、ブドウ糖をエネルギーに変換し、副腎のホルモン生産を補助する働きがあるからです。副腎はエネルギーを大量に消費してホルモンを生成するため、パントテン酸が不足すると副腎の機能は低下してしまいます。

また、ビタミンCと同じような役割として、ビタミンB3、B6も副腎ホルモンの生成を助ける重要なビタミンです。ビタミンB3とB6は、外から取り込むだけでなく腸内細菌によっても生成されます。しかし、悪玉菌が多い腸内環境では生成されません。善玉菌が優勢なバランスのとれた腸内環境を維持できる食事を意識することが必要です。

【ビタミンB群を多く含む食材】

ビタミンB5(パントテン酸)
牛肉・豚肉・鶏肉・鴨肉・鶏レバー・シシャモ・タラコ・ウナギ・サツマイモ・納豆・モロヘイヤ・アボカド・牛乳・ヨーグルト

ビタミンB3(ナイアシン)
カツオ・鰹節・ビンナガマグロ・鶏むね肉・ブリ・ハマチ・サンマ・サワラなど

ビタミンB6(ピリドキシン)
マグロ・カツオ・サンマ・サバ・ブリ・鮭・牛肉・豚肉・バナナ・ピスタチオ・モロヘイヤ・サツマイモ・カボチャなど

【かぼちゃと豚ミンチ炒め】

豚肉にはビタミンB5の他に、皮膚や粘膜の生成を促すビタミンB2も豊富に含まれます。かぼちゃにはビタミンB6だけでなく、食物繊維も豊富に含まれます。かぼちゃに含まれる食物繊維は粘着性があるため、腸内で有害成分を吸着して排出する効果もあります。

【とり肉と野菜トマト丼】

とり肉にはビタミンB5とB3だけでなく、皮膚や粘膜の健康を保つビタミンAも豊富に含まれます。老化防止の抗酸化作用のあるトマトとの組み合わせがおススメです。

【サーモン入りサラダ】

ビタミン6を豊富に含んだサーモンには、ビタミンCの約6000倍もの強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンが含まれます。またにんじんにも、抗酸化作用を持つβ-カロテンという成分が豊富に含まれます。このサラダは、アンチエイジングにもおススメです。

マグネシウム

マグネシウムは、ビタミンCとビタミンB5であるパントテン酸と連携して作用し、副腎の働きを強化します。副腎で生成されるホルモンの代謝に必要な酵素にとって、とても重要な栄養素でもあります。

副腎はホルモンを生成する際、エネルギーを大量に消費します。そのエネルギー生成にマグネシウムはなくてはならない栄養素です。

【マグネシウムを多く含む食材】

木綿豆腐、するめ、なまこ、青のり、乾燥わかめ、ひじき、ごま、バジル、いり大豆、岩のり、そば粉など

【ひじきの煮物】

ひじきはマグネシウムだけでなく、骨や歯の形成に必要なカルシウムもたくさん含みます。また食物繊維も抱負で、老廃物を体外へスムーズに排出する働きもあります。

【サラダ風のそば】

そばにはマグネシウムが含まれるだけでなく、食物繊維も抱負です。抗酸化作用のあるβ-カロテンを含むオクラやミニトマトを一緒に摂れば、老化しにくい体をつくる一品となります。

亜鉛

亜鉛は副腎に直接作用はしませんが、脳からの正常な指令を保つために不可欠な栄養素です。

私たちの体には、恒常性(ホメオスタシス)という「体内の状態を一定に保とうとする働き」があります。そしてこの体の恒常性を維持するために、脳はさまざまな器官に指令を送っています。

たとえば、環境汚染や化学薬品などのストレスによって体内に炎症が起こると、脳は炎症を抑えるために副腎に指令を出してコルチゾールを分泌させます。しかし亜鉛が不足した場合、脳から副腎への指令がスムーズにいきません。そのため、コルチゾールが過剰に分泌されてしまうおそれがあります。

このように、脳が副腎へ適切な指令を出すことで、体内のコルチゾールは一定量に保たれています。しかし亜鉛が不足すると、副腎への指令が正常に送られません。その結果、副腎が過度にコルチゾールを生成し続けて疲労してしまうということが起こるのです。

亜鉛は、脳から副腎への指令をスムーズにし、副腎を正常に機能させるためには欠かせない栄養素なのです。

【亜鉛を多く含む食材】

かき、うなぎ、牛肉、豚・鳥レバー、納豆、豆腐、きなこ、卵黄など

【納豆たまごかけご飯】

納豆と卵黄には、たくさんの亜鉛が含まれます。また、納豆に含まれるカルシウムと卵黄に含まれるビタミンDを一緒に摂ることで、ビタミンDがカルシウムの吸収を手助けします。

副腎の機能を高めるツボ療法

アトピー改善のために食事を見直すことは大切です。しかし食事だけでなく、ツボを刺激することでさらに副腎の機能を高めることが可能です。

私たちの身体には、それぞれが体内の臓器と繋がっているたくさんのツボ(経穴)があります。内臓に直接触れることはできません。しかし、ツボを押し整えることで特定の臓器を遠隔的に整えることができると東洋医学では考えられています。

副腎のツボを刺激することで、副腎皮質ホルモンの分泌が促されます。すると、炎症を抑える働きが活発になり、アトピーの改善に効果的です。

ここでは、手のひらと足の副腎のツボをご紹介します。

手のひら

足のうら

イラストで記した部位を、指の第2関節やボールペンの頭で深部まで刺激します。位置が正しければ、内側まで重みがじわーっと広がるようなずっしりした痛みを感じます。

ツボへの刺激は一日に何度行ってもかまいません。気づいた時にツボを刺激し、副腎を活性化させましょう。

たとえば私の場合は、仕事の休憩中にペンでツボ押しをしたり、レストランで注文した料理が来るまでの間に指でツボを刺激したりしています。

このように、ツボ押しはどこにいてもできます。時間がある際はツボを刺激して、副腎機能を高めていきましょう。

腸内環境の改善が副腎疲労回復のカギ

副腎疲労と聞くと、副腎だけがわるい印象を与えます。しかし、副腎はネットワーク器官で他のあらゆる臓器と密接につながっています。つながっている臓器の中でも、特に深い関係にあるのがです。そのためアトピーを改善するには、副腎機能を回復するだけでなく、腸内環境も改善していく必要があります。

腸内環境が悪い場合、たんぱく質が十分に分解されずに有害物質が腸内で吸収されて体内に入ってしまいます。有害物質により腸に炎症が起こると、副腎はその炎症を抑えようとコルチゾールを分泌するのです。

そして腸内環境が改善されない限り、有害物質による腸の炎症は続きます。すると副腎は、腸の炎症を抑えるためにコルチゾールを分泌し続けなければなりませんしかし、副腎が過労による機能低下に陥ると副腎疲労となり、コルチゾールが十分に分泌されなくなります。その結果、腸の炎症が治まらないという悪循環に陥ってしまいます。

副腎疲労を回復するためには、腸で栄養がしっかりと消化・吸収され、不要なものは便や尿として排泄される必要があります。そのためにも、腸内環境の改善が必要となります。

腸内環境を改善するために大切なことは、食生活の見直しです。腸内環境が悪化していると、腸がたんぱく質を十分に分解できず有害物質が発生することで、腸が炎症を起こします。

私たちの腸内には、腸内細菌とよばれる菌たちが生息しています。この腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つの種類があります。これらの菌の割合が「善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割」を保てている状態が理想的な腸内環境バランスです。

理想的な腸内環境であれば、たんぱく質は体に害のないアミノ酸に分解されます。すると、腸が炎症を起こすことはありません。その結果、副腎がコルチゾールを分泌し続ける必要がなくなり、副腎機能は回復していくのです。

このように、副腎と腸には密接な関係があります。よって、副腎疲労を回復するには、副腎と腸の両方の機能を回復する必要があるのです。

まとめ

ここまで、副腎の機能がどうアトピーに影響するのかを見てきました。以下の要所を再確認し、副腎疲労を回復してアトピーを改善していきましょう。

副腎疲労を回復させる方法としては、以下のようなものがあります。

  • 副腎機能を高める栄養素、ビタミンC、ビタミンB群、マグネシウム、亜鉛を多く含んだ食事を心がける
  • 副腎疲労に効果的なツボ(経穴)を刺激して副腎機能を高める
  • 副腎と腸内環境を同時に整える

副腎疲労が回復すれば、十分な副腎皮質ホルモンが分泌され、薬にたよらずアトピーの炎症を抑えることが可能になります。また、腸内環境を整えることが副腎機能の回復につながります。副腎と共に腸内環境の改善も意識していきましょう。

【LINE@登録で、毎月20名様へ集客動画+電子書籍をプレゼント中】

【引き寄せの法則+みんなが知らないお金の仕組み】
2冊の電子書籍+秘密特典を無料でプレゼント!